フリーランスのネットワークエンジニアの働き方は?年収や必要なスキルも解説!

フリーランスのためのネットワーク解説

フリーランスのネットワークエンジニアの働き方は

ネットワークエンジニアはフリーランスエンジニアが活躍している職種の一つで、インフラエンジニアとも呼ばれます。一般的なネットワークエンジニアの業務内容をおさらいしつつ、フリーランスで働くメリットやデメリットを解説します。

ネットワークエンジニアの仕事とは?

フリーランス全力支援

ネットワークの設計

ネットワークエンジニアの仕事は設計・構築・運用に区分できます。ひとつひとつ見ていきましょう。
設計は、企業や事業所の管理者が運用しやすいネットワークを作るための方式設計を行います。クライアントの要望に応じてネットワーク機器を選定し、配線ルートや機器の設定値を定めていきます。

ネットワークの構築

構築は、設計された仕様に基づいて、ネットワーク機器のラッキング、機器間のケーブル接続、障害試験などを行う仕事です。

ネットワークの運用

運用は、構築されたネットワークが正しく運用されるように維持管理する作業です。利用者からの問い合わせに対応したり、トラブルが起きたときには迅速に問題を解決する役割もになうことになります。

フリーランスにとってのメリットは?

フリーランスのネットワークエンジニアになるメリットは、設計や構築、運用の案件を自ら選択できることです。また、各業務を横断することでネットワークに関するスキルを相乗的に高めていくことも可能でしょう。
フリーランスといえば自由に働ける印象があるかもしれません。しかし、ネットワークエンジニアの仕事は顧客との折衝やユーザーとのコミュニケーションが前提となります。現地対応を余儀なくされるケースもあるので、在宅勤務を主流にしたい方には適していないかもしれません。一方でダイレクトに現場での活躍が評価され、構築したシステムが順調に稼働している姿を確認できると、自らが成し遂げた作業への誇りや充実感も得られる「目に見える」仕事とも言えるかもしれません。

フリーランスのネットワークエンジニア向けの案件

フリーランス全力支援
フリーランスのネットワークエンジニアが受注する設計・構築・保守案件の例をご紹介します。これもひとつひとつ見ていきましょう。

ネットワーク設計の案件の事例

たとえば、設計作業では、無線環境の展開に関する業務などもあります。勤務地が定められているほか、別拠点に出張・宿泊する機会もあります。設計の案件は構築作業と同じくらい現場作業も多くなるものと予想されます。

ネットワーク構築の案件の事例

構築作業では、ネットワークに関連したシステム基盤の構築作業などがあります。要件定義以降の経験や顧客との調整作業が求められることもあり、構築作業の案件を受注するとある程度はまとまった時間が必要となることが多くなります。

ネットワーク運用の案件の事例

運用作業では、障害対応やベンダの問い合わせ対応などの業務がよく見受けられます。24時間365日体制の電話対応業務もあり、中には常駐だけではなく、テレワークで状況を確認して翌日に対応する仕事もあります。テレワークで勤務したい方でしたら、保守の仕事を検討してみるのもよいかもしれません。

ただ、トラブルの動向に勤務状況が左右されますので、ネットワークエンジニアのフリーランスが「副業」として選択するのには不向きといえるでしょう。

ネットワーク案件の報酬の例

フリーランス全力支援
ネットワークに関する運用保守の案件では、時給4,000円程度の単価が設定されているケースもあります。仮に1日8時間で20日間勤務したとして月収と年収を計算してみましょう。

・月収=4,000円×8時間×20日=64万円
・年収=64万円×12ヶ月=768万円

そのほか、大規模ネットワーク構築の案件には、月収80万円(年収960万円)ほどの報酬で募集されるものもあります。フリーランスでも大規模なネットワークを担当すれば年収1,000万円を稼ぐことも可能と言えます。

フリーランスのネットワークエンジニアに将来性や需要はある?

フリーランス全力支援

ネットワーク案件に必要なスキルの例

フリーランスのネットワークエンジニアが受注できる案件には、要件定義や構築作業から、マネージャー経験を要するものまであります。

ネットワークに関する一通りの実務経験だけでなく、プロジェクトやメンバーを統括できるマネジメントスキルも身に着けておくと、大規模な案件を獲得しやすくなるでしょう。
また、金融系や官公庁など業種によっても必要とされるニーズやスキルが異なります。一定の業界に特化した専門知識を保有しているとさらに案件を獲得しやすくなるでしょう。

ネットワーク案件の将来性と目指すべき方向性

近年はクラウド型サーバーが普及しており、ネットワークエンジニアの将来性が懸念されるようになりました。クラウド型サーバーとは第三者が利用できるサーバーです。これを用いれば自社にネットワーク環境を構築する必要がなくなります。
しかし、既存のネットワークに関する保守や運用は継続して必要であり、フリーランスのネットワークエンジニアの業務がすぐになくなる可能性は少ないといえるでしょう。

一方、近年はセキュリティーに関する犯罪が増えています。セキュリティーを強化するためにネットワークエンジニアのスキルや知識が重宝され、需要も増加するとの見方もできます。
「クラウド」と「セキュリティー」のキーワードに関する動向を把握しつつ、フリーランスのネットワークエンジニアとしての働き方を検討することが重要です。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスのjavascript

    フリーランスのためのJavaScriptとは!?概要や特徴を詳しくご紹…

  2. PMO案件の特徴

  3. VB.NET案件の特徴

  4. SQL Server開発案件の特徴

  5. フリーランスのandroid

    フリーランスのためのAndroidとは!?基礎や将来性を詳しくご紹介

  6. フリーランスエンジニアのVBA知識

    フリーランスのためのVBA 単価や将来性も解説!