フリーランスのためのWordPress 特徴や将来性を徹底解説

フリーランスのためのWordPress解説

フリーランスエンジニアが身につけたいWordPressとは?

現在、エンジニアの中にはフロントエンド開発を担う人が多くなっています。

フロントエンド開発をする際に求められる知識のひとつにCMSがあります。そして、代表的なCMSとして有名なのが今回ご紹介するWordPressです。WordPressはブログやホームページなど、幅広いWebサイトで使われており、その知識を習得することができれば、フリーランスとしてさらに飛躍できる可能性が高まるでしょう。

ここでは、フリーランスエンジニアが知っておきたいWordPressの基礎知識や将来性や報酬などについてご紹介していきます。

WordPresの特徴

フリーランス全力支援

WordPresの基本

WordPressとは、コンテンツ管理システムのひとつです。コンテンツ管理システムは、Contents Management Systemの頭文字を取り、CMSと表現されることもあります。

簡単に言ってしまえば、HTMLやCSS、JavaScript、PHPなどWeb開発に関する知識がなくてもホームページやブログを立ち上げられるシステムのことです。ファイルをサーバー上にインストールすれば、アメーバブログのように難しい部分はシステムが代わりに行ってくれるので、初心者でもWebサイトの構築が容易にできます。

WordPressには、下記のような特徴があります。
・テンプレートやプラグインが豊富
・オープンソースソフトウェア
それぞれの特徴について詳しく解説します。

テンプレートやプラグインが豊富!おしゃれで機能性のあるWebサイト

テンプレートやプラグインが充実しています。テンプレートはWebサイトの骨組みを構成する部分のことです。そのため、テンプレートでデザインが決まると言っても過言ではありません。
このテンプレートが無料から有料まで豊富に準備されています。さまざまなデザインの中から選ぶことができるのでとても便利です。

また、同様にプラグインも充実。プラグインを利用することでサイトに機能を追加することができます。例えば、プラグインを利用してメルマガの登録やお問い合わせフォームなどを簡単に構築することが可能です。

オープンソースソフトウェアなので無料

無料という点も特徴です。WordPressはオープンソースソフトウェアなので、無料で配布されています。初期コストやランニングコストがかかりませんので、幅広い目的で多くの方が自由に利用することができるでしょう。

WordPressを使う開発案件の例

フリーランス全力支援

WordPressを使う開発案件には、どのようなものがあるのか気になるフリーランスも少なくありません。一般的には次のような案件を受注しているエンジニアが多いようです。
・WordPressの導入
・テーマやプラグインの制作

WordPressの導入

サーバー上にWordPressを導入する案件です。WordPressは単体では動かすことができないため、下記のような内容も仕事に含まれます。

・ApacheやNginxなどのWebサーバーをインストール
・MySQLなどのデータベースの構築
・PHPのインストール

また、httpd.confやphp.iniなどの設定ファイルを編集する作業も含まれる場合があります。

テーマ・プラグイン制作

テーマやプラグインを制作します。クライアントの要望に沿ってサイトデザインを構築したり、プラグインを作成したりします。このような案件はPHPを使って組むことがほとんどになりますので、PHPプログラミングの知識が必要不可欠です。

クライアントが直接フリーランスに依頼するケースもありますが、システム開発企業から請け負うという応募も多くなっています。

WordPressの需要と将来性や単価を知りたい!

フリーランス全力支援

WordPressの需要と将来性

結論から言えば、WordPressの需要は非常に高く、将来性においても十分に期待できます。その理由はCMS市場におけるシェア率です。

Q-Successによれば、日本のCMS市場におけるWordPressのシェア率は82.4%に達すると伝えています。これを見ればわかるように、シェア率が高いので、その分ニーズも比例すると考えられるでしょう。詳しくは下記のサイトを参照してください。

・https://w3techs.com/blog/entry/fact_20190829

また、突然JoomlaやDrupalなどのほかのCMSに多くのサイトが乗り換えるということはあまり考えられません。そのため、将来性に関しても十分に期待できると言えるでしょう。

WordPress案件の単価や報酬が知りたい!

WordPress案件の月額単価は平均68万円です。また案件やSEの技術によって価格は変動しますので、最低単価は38万円、最高単価は105万円程度のようです。もちろん、これらの報酬金額はあくまでも目安ですので参考としてください。

スキルアップの方法が知りたい!

フリーランス全力支援

WordPressと一言で言ってもさまざまな技術が要求される分野です。簡単に挙げても下記のようなスキルが必要になります。
・サーバーサイド
・Webサーバー構築技術
・データベース
・PHP
・JavaScript
・HTML
・CSS
そのため、一つ一つこれらのスキルを習得していくことが求められるでしょう。

しかし、この中でももっとも最優先させたいのがPHPプログラミングスキルです。PHPを習得すれば、テーマやプラグイン制作が可能になるので、幅広い仕事がこなせるようになります。

PHPを習得すれば、プログラミングに関する知識が身に付くので、ほかのプログラミング言語にも手を出しやすくなります。例えば、SwiftやJavaを覚えてアプリ開発案件に応募することができたり、ゲーム開発案件を受注できたりしますので、SEとしてのニーズが増すでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援

WordPressを使った案件は、サーバーサイドはもちろんのこと、PHPなどのプログラミング言語も必要になるので、幅広い知識が要求されます。
そのため、未経験のフリーランスエンジニアが素早くスキルを習得することは難しいでしょう。しかし、一つ一つスキルを習得することで、年収800万円以上のSEになることも夢ではありません。

また、ほかの言語も習得しやすくなるので、キャリアアップにも良い影響を与える可能性が高いでしょう。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. COBOL開発案件の特徴

  2. フリーランスのPython

    フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!…

  3. フリーランスエンジニアのVBA知識

    フリーランスのためのVBA 単価や将来性も解説!

  4. フリーランスエンジニアのJava知識

    フリーランスのためのJavaとは!?言語の特徴や需要を解説!

  5. VB.NET案件の特徴

  6. C#案件の特徴