フリーランスのためのAndroidとは!?基礎や将来性を詳しくご紹介

フリーランスのandroid

フリーランスのためのAndroidを徹底解説

現在、スマートフォンが人々の生活に浸透し、老若男女を問わず数多くの人たちが使用しています。そして、スマートフォンOSの代表格のひとつとして広く知られているのがAndroidです。

実は、フリーランスがAndroidの知識を身につけておくことで、エンジニアとしてのニーズが高くなることをご存知でしょうか。今回は、フリーランスエンジニアが習得しておきたいAndroidの基礎と将来性について詳しく解説していきます。

フリーランスエンジニアが身につけたいAndroidとは?

フリーランス全力支援
Androidとは、Google社がスマートフォン向けに開発したモバイルオペレーティングシステムです。ちなみに、iPhoneはiOSになります。MicrosoftやMacOSXもOSのひとつで、私達の身近なところに複数存在しています。
もともと、AndroidはAndroid Incによって開発されていました。しかし、2005年にGoogle社が買収をして2007年にAndroid端末として販売されるようになったのです。

Androidの特徴として知られているのが下記です。
・カスタマイズ性の高さ
・自由度の高いOS

それでは、それぞれを詳しく解説していきます。

カスタマイズ性の高さ

まず初めに、その特徴のひとつとしてカスタマイズ性の高さを挙げることができます。Googleが開発し提供していますが、各メーカーが独自でカスタマイズすることが許可されているOSのため、GalaxyやXperiaなど全く異なる端末メーカーであっても同じAndroidが使用されています。

自由度が高い

次に、自由度の高いOSという点が特徴です。例えば、アプリをインストールする場合、通常はGoogle Playストアを利用しますが、Androidはそれ以外の場所からインストールすることもできます。例えば、インターネット上で配布されているアプリをダウンロードすることも可能なのです。

競合相手として知られているiPhoneでは、アプリをインストールする際、App Storeからのみ許可されています。これに比べれば、自由度が高く制限が比較的緩やかであると言えるでしょう。

Androidの開発案件の代表例を知る!

フリーランス全力支援
Androidに携わるフリーランスエンジニア向けの案件はいくつもあります。代表的な案件として以下のようなものがあります。
・Androidアプリの設計及び開発
・ゲーム開発案件
・業務系アプリ開発

Androidアプリの設計及び開発

アプリ設計及び開発の需要がもっとも高く、フリーランスエンジニア向けに募集している案件の中でも非常に多くなっています。アプリ設計及び開発では、Google Playストアに公開するアプリの開発を行い、開発言語はJavaでAndroid Studioという統合開発環境を使用しているところが非常に多いです。また、ハイブリッド開発をしている企業では、JavaScriptなどを使用するケースも少なくありません。

ゲーム開発案件

ゲーム開発案件もフリーエンジニア向けの案件として代表的な例になります。スマホアプリゲームはユーザーからの人気も高くなっています。また、現在ではスマホアプリゲームからeスポーツ化されたものも多く、積極的に開発に乗り出す企業も少なくありません。

ゲーム開発では、Unityなどの3Dゲームエンジンを使用するところもあります。開発言語は、JavaやC#、C++など複数あり、開発している企業によって異なるでしょう。

業務系アプリ開発

業務系アプリ開発もフリーランスエンジニア向けの代表的な案件のひとつです。業務系アプリ開発は、Google Playストアに公開するアプリを作るのではなく、企業内で使用するものを開発します。例えば、次のようなものが代表的な業務系アプリです。
・お客さんがタブレットから注文できるようにするためのアプリ
・在庫管理をするためのアプリ

顧客からの発注を受けてオリジナル制作をします。メンテナンスも引き受けるケースが多く、一度発注を受けると長期間お仕事が続く可能性が高いです。

Androidエンジニアの需要と将来性をチェックしよう!

フリーランス全力支援

Androidエンジニアの需要と将来性

Androidエンジニアを募集する案件は非常に多くなっています。特に、スマホアプリの新規開発や運用ができるエンジニアに需要が高く、ここでフリーランスのITエンジニアとして活躍することができれば、安定して継続的に仕事を受注し続けることも可能でしょう。

また、エンジニアにとっての将来性においても十分に期待できる環境であると言えるでしょう。今後、Android端末が使われなくなるリスクは非常に低く、iPhoneと同様に多くの人々に利用されることが予測できます。また、Android端末は世界中で需要が高いので、グローバルに活躍できる可能性もあるでしょう。

Androidエンジニアが応募できる案件の単価や報酬が知りたい!

次に、Androidエンジニアの単価や報酬をご紹介します。5年以上経験を積んだ人であれば、月収65万円の報酬を得ている方も少なくありません。経験に応じて単価や報酬が高くなる傾向があります。豊富な経験があるエンジニアの場合、フリーエンジニアとして年収が1,000万円を超えるケースも珍しくないでしょう。

スキルの積み方とスキルアップが知りたい!

Androidエンジニアに要求されるスキルは非常に多くなっています。例えば、以下のようなものを挙げることができるでしょう。
・Java
・Kotlin
・Android Studioの使い方
・Unityの使い方
・XMLに関する知識

まずは、これらの知識を一つ一つマスターしていく必要があります。そして、習得することができたら、次はスペシャリストやさらに統合力を持ったゼネラリストを目指していくことで、さらにフリーランスのエンジニアとして幅広い案件に対応することができるようになるでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援
Androidエンジニアが携われる募集は複数あり、必要な知識を習得することで、アプリ開発やゲーム開発に加われるようになります。

そして、年収1,000万円以上のITエンジニアも少なくないため、高収入を目指してキャリアを積んでいくこともできるでしょう。知識やスキルなど、案件によってはあらゆる分野の能力が求められます。Androidエンジニアになるためには、学習の継続など絶え間ない努力も必要不可欠と言えそうです。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスのためのC++

    フリーランスのためのC++とは!?概要や特徴を具体的にご紹介

  2. フリーランスのためのRUBY

    フリーランスのためのRubyとは!?基礎やエンジニアの需要を知る!

  3. フリーランスのjavascript

    フリーランスのためのJavaScriptとは!?概要や特徴を詳しくご紹…

  4. フリーランスのPHP

    フリーランスのためのPHPとは!?基礎知識やニーズを詳しくご紹介

  5. フリーランスエンジニアのPL/SQL

    フリーランスエンジニアに必要なPL/SQLのスキル 案件や需要動向など…

  6. フリーランスエンジニアのVB.NET知識

    フリーランスのためのVB.NETとは!?基礎と将来性を詳しくご紹介