フリーランスのためのAWSとは!?概要や特徴をわかりやすくご紹介

フリーランスのためのAWS案件の特徴

フリーランスのためのAWSを解説

クラウドサービスは私達の生活に浸透しており、多くの人が利用しています。例えば、クラウドソーシングやクラウドファンディング、iCloudなどがその代表例でしょう。そして、今回ご紹介するAWSもクラウドサービスの一部です。
AWSは、ECサイトの構築や業務アプリケーション開発に利用されることが多く、フリーランスエンジニアが覚えておけば業務の中で活用できるでしょう。今回は、フリーランスエンジニアが知っておきたいAWSの基本的知識や特徴、需要、案件などについて解説します。

フリーランスエンジニアが身につけたいAWSとは?

フリーランス全力支援
AWSとは、Amazon Web Serviceの略で、Amazonが提供しているクラウドサービスのことです。
Amazonと言えば、オンラインショッピングサイトを運営しているというイメージを持っている方が多いでしょう。本来、ショッピングサイトに必要な商品の管理や分析をするために、AWSの前身となるインフラやアプリケーションが構築されました。そして、それをクラウドコンピューティングサービスとして公開したのがAWSです。

AWSを理解して案件獲得に結び付けるためには、クラウドサービスのことをしっかりと学ぶ必要があります。クラウドサービスを理解するためには、オンプレミスと比較するといいでしょう。簡単に言えば、クラウドサービスとは、PC1台とインターネット環境があれば利用できるサーバーのことです。Web上のコントロールパネルからサーバーを構築できます。

それと対照的なのがオンプレミスサービスです。オンプレミスの場合、自社にサーバーを設置してWebサービスなどを運用します。サーバー構築に必要なハードウェアも自社で用意しなければなりません。フリーランスとして活躍するSEやプログラマであれば既に同様の何件にたくさん関わっているでしょう。
たとえれば、クラウドサービスは“間接的にサーバーを操作するイメージ”、オンプレミスサービスは“サーバーの前で直接的に構築していくイメージ”を想像するとわかりやすいでしょう。

AWSには下記のような特徴があります。
・従量課金制
・パフォーマンスとセキュリティが抜群
それぞれの特徴を詳しくご紹介します。

従量課金制を採用

従量課金制を採用しているサービスです。不要な場合、サーバーを停止すると料金がかかりません。また、データを削除すると利用料金が減ります。自分に必要な分だけ料金を支払えば利用できるので魅力的です。ちなみに、初期費用も無料なのでその点もメリットになります。

パフォーマンスとセキュリティが非常に良い

パーフォマンスとセキュリティが抜群なので、さまざまなIT企業から支持を得ています。AWSは、常に最新のハードウェアを使用しており、パフォーマンスが高いです。また、世界最高峰のセキュリティ対策により、オンプレミスでサーバー運営をするよりも安全性が高いでしょう。
これからはフリーランスのITエンジニアにもたくさんの案件獲得機会が出てくるでしょう。

AWSを使う開発案件の例をチェックしよう!

フリーランス全力支援
AWSでできることは非常に多いくなっています。そのため、フリーランスが受注できる案件もたくさんあるでしょう。代表的なAWS案件は下記の通りです。
・Webサイトの構築案件
・Webアプリケーション開発案件
・業務システム開発案件

Webサイト構築案件

Webサイト構築案件です。ECサイトを構築する案件もあれば、WordPressを利用するものもあります。PHPなどのプログラミング言語を駆使して開発していくことになるので、PHPの知識も必要になるでしょう。

Webアプリケーション開発案件

もっとも多いのがWebアプリケーション開発案件です。BtoC向けのサービスやクラウドサービス事業で利用されるケースが多くなっています。スタートアップやベンチャー企業からの募集が多く、フリーランスのエンジニア向けの案件もたくさんあるので応募しやすいでしょう。

業務システム開発案件

最後が業務システム開発案件です。オンプレミスで運用している企業がクラウドサービスに乗り換える際に移行や構築を手伝います。オンプレミスでサーバーを運用している業界は多いので、フリーランスのエンジニア向けとしても通信や金融、保険、証券など業種を問いません。

AWSの需要・将来性とスキルアップの方法を知りたい!

フリーランス全力支援

AWS案件の需要や将来性は?

AWSエンジニアの需要は非常に高く、将来性に関しても期待できます。現在、インターネットサービスを構築する際は、クラウドが標準化になりつつある社会です。そのため、新しいサービスを構築する際もAWSを採用するケースが多く、AWSの知識があるSEの需要は高くなっています。また、オンプレミスからクラウドに移行する企業も多いので、その点からも需要は低くないと言えそうです。

将来性に関しても今後クラウドが多くのサービスで採用されることが予想できます。そのため、スキルを習得しておけば長きに渡ってニーズのあるフリーランスエンジニアになることができるでしょう。

AWS案件の単価や報酬が知りたい!

AWS案件の単価は、経験が浅い1年未満のSEの場合、月収は25万円程度、ベテランのエンジニアなら65万円以上報酬を獲得することができます。スキルが高いエンジニアの中には年収1000万円を超える方もいるので、十分に高い報酬を期待できるでしょう。

スキルアップの方法を知りたい!

フリーランスのエンジニアがスキルを積む方法は、まずクラウドサービスやAWSの基礎知識を習得することです。その後、サーバー設計や構築、オンプレミスからのサーバー移行設計スキルなどを習得するといいでしょう。もちろん、これらのスキルを習得するためには、システム開発やサーバー、ネットワークなどのインフラ技術の習得が必要不可欠です。

スキルアップ方法としては、資格を取得することになります。下記の2つの資格が有名で、取得すれば数多くの案件に携われるエンジニアになることができるでしょう。
・CompTIA Cloud +
・AWS認定

まとめ

フリーランス全力支援
AWSは、とても知名度が高いクラウドサービスです。そのため、今後も数多くの案件で採用されることでしょう。
将来性があり、需要も高いのでインフラエンジニアを目指したいフリーランスは覚えておくといいです。そのため、インフラ技術をすでに習得しているエンジニアは、学習をスタートさせてみてはいかがでしょうか。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスのunity

    フリーランスのためのUnityとは!?将来性とスキルアップのコツ

  2. フリーランスのC#.NET

    フリーランスのためのC#.NETとは!?人気言語の特徴を知る!

  3. フリーランスのPython

    フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!…

  4. フリーランスのためのC++

    フリーランスのためのC++とは!?概要や特徴を具体的にご紹介

  5. フリーランスエンジニアのCOBOL知識

    フリーランスのためのCOBOLとは!?概要や案件単価を詳しくご紹介

  6. フリーランスのandroid

    フリーランスのためのAndroidとは!?基礎や将来性を詳しくご紹介