フリーランスのためのC言語 特徴や需要、案件事例などをご紹介

フリーランスのためのC言語解説

フリーランス必見!C言語の特徴や需要、案件などを紹介

フリーランスのITエンジニアがC言語の案件をこなしていくにはどのようなスキルが必要なのでしょうか?
まずはC言語の特徴からおさらいしていきます。

フリーランスエンジニアがC言語案件で活躍するには

フリーランス全力支援

そもそもC言語とは?

C言語はアメリカのAT&Tベル研究所のメンバーによって1972年に開発されたプログラミング言語です。現在ではC++やC♯などの言語のベースにもなっています。
汎用性の高い言語ですので、プログラミング初心者からプロのエンジニアまで幅広い層から活用されています。

C言語は、そもそも当初はOS上で動作するユーティリティの開発向けに作られた言語です。そのため、ビット単位の論理演算やポイント演算など、ハードウェアに関する処理を効率化するのに適しています。
バックグラウンドで動く処理がないほか、実行ファイルが肥大化することもありません。歴史の古い言語ですが、現在でも組み込み開発の世界で活躍し続けています。

また、処理速度が速いことから、大規模な業務用ソフトウェアの開発に用いられることもあります。ちなみにWindowsに搭載されているメモ帳やエクスプローラーもC言語によって開発されたソフトウェアだということは意外と知られていなかったりします。

そのほか、OSやデバイスドライバなどのハードウェアに関するプログラムの設計にも活用されています。このように汎用性に優れている点もまたC言語ならではの特徴といえるでしょう。

C言語の案件を獲得するためのスキル

開発経験の少ないフリーランスエンジニアの場合は、C言語の案件を獲得するのは難しいと考えられます。ただし、C言語から派生したC++、C♯、Objective-Cなどのプログラミング言語による開発スキルがあるのなら、案件を獲得できる可能性はあるかもしれません。
C言語の案件では、たとえばエアコンの開発やレジの開発といった機械や装置に組み込む案件が多い傾向にあります。特定の機械や装置に関する知識を持っていると、他の競争相手が受注できない案件を受注できる可能性も高まるでしょう。

その点をふまえると、C言語の案件を獲得するためには、単にプログラマーとしての開発スキルをアピールするだけではなく、機器に追加した機能などの実績をわかりやすく説明することが案件獲得には重要かもしれません。

フリーランスが受注できるC言語の案件とその報酬

フリーランス全力支援

では次に、フリーランスが受注できるC言語の案件や報酬についてご紹介しましょう。

案件例1:車載系の開発

車載系の開発におけるソフトウェアのプラットフォームであるAutsarで作業をする案件などがあります。CAN(自動車LANの標準プロトコル)の設定変更や基盤評価用のソフトの作成まで含まれます。たとえば案件の事例としては、開発期間は3ヶ月程度です。

案件例2:緊急速報システム開発

キャリア向けの緊急速報システムの改修を行う案件の事例などがあります。C言語のほかにもPHPやC++などの言語も活用して開発を進めていきます。C言語を用いた開発経験を求めているだけでなく、通信業界に関する開発経験が必須となるでしょう。

報酬・単価について

C言語の月額報酬としては平均70万円ほどになるかもしれません。もちろん、中には高額な案件など月額100万円を越える案件のケースも、まれですが存在しています。C言語のエンジニアがフリーランスとして年収1千万円を目指すことも十分可能でしょう。

ただ、すでに開発済みのプログラムに機能を追加するだけといった案件であれば、月額報酬が下がる傾向も見られるますので、自分に合った案件を確実に消化して信頼を勝ち取っていく方が重要になるでしょう。

フリーランスエンジニアにとってのC言語の需要・将来性

C言語は難易度が高く習得しにくいデメリットがあります。そのようなC言語ですが、今後の需要や将来性を考えてみましょう。
フリーランス全力支援

セキュリティ面に不安がある

C言語はプログラミングの自由度や実行速度に優れていますが、コードの安全性に乏しいという見方もあります。
近年では、サイバーテロなどの危険性が顕在化していることから、セキュリティ面での需要は期待しにくいと考えられています。

また、すでにC++やC♯といった他言語に派生している歴史や背景もあることから、オリジナルであるC言語の活用の機会が増えるとはいいがたい状況かもしれません。

製造業の需要と連動

ただし一方で、C言語は歴史が古いプログラミング言語であることから、C言語をもとに作られたソフトウェアの数も多くなっています。また、C言語はWEBだけではなく製造業とも相性のよい言語でもあることから、日本の機械産業が続く限りはC言語の需要が続くという見方もできるのです。

したがって、C言語で作られたプログラムの維持や改変などの案件がすぐになくなるとは考えづらいと思われます。

まとめ

フリーランス全力支援

近年、AI(人工知能)の分野も目覚ましい発展を遂げ、私たちの暮らしを進歩させています。C言語は高速な処理が可能であることから、そのようなAIの開発とも相性が良いことが知られています。また成長分野に関わる言語は人気が高まってエンジニアも増えていくことで相対的に案件数や単価も減少していくリスクがあります。
その点、C言語は習得難易度が高いことで、単価が下がるリスクは比較的低いと考えられます。

これらを総合的に考えると、フリーランスのエンジニアにとってC言語の将来性は期待できるものと言えるでしょう。
もし、C言語に興味を持ったなら、エンジニアとしての将来性や興味を背景に、フリーランスの案件をのぞいてみてください。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスのC#.NET

    フリーランスのためのC#.NETとは!?人気言語の特徴を知る!

  2. フリーランスのPython

    フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!…

  3. フリーランスエンジニアのVBA知識

    フリーランスのためのVBA 単価や将来性も解説!

  4. フリーランスのunity

    フリーランスのためのUnityとは!?将来性とスキルアップのコツ

  5. フリーランスのためのWordPress解説

    フリーランスのためのWordPress 特徴や将来性を徹底解説

  6. フリーランスのためのAWS案件の特徴

    フリーランスのためのAWSとは!?概要や特徴をわかりやすくご紹介