フリーランスのためのJavaとは!?言語の特徴や需要を解説!

フリーランスエンジニアのJava知識

フリーランスのためのJava言語の特徴や需要を解説

Javaはさまざまなシステム開発で用いられる言語となっています。そのため、知名度が高く、一度は耳にしたことがあるフリーランスエンジニアも多いのではないでしょうか。

しかし、聞いたことがあるだけでJavaがどのようなプログラミング言語なのか知らない方も少なくないでしょう。Javaの基礎を習得することで、フリーランスエンジニアとして対応できる案件の幅が広がるのでメリットがあります。今回は、フリーランスエンジニアが知っておきたいJavaの基礎や需要、将来性についてご紹介します。

そもそもJavaとは何か?概要をチェックしよう!

フリーランス全力支援
Javaとは、プログラミング言語のひとつです。クラスベースのオブジェクト指向プログラミングで、1995年にSun Microsystemsによって開発されました。依存関係が少ないので、カスタマイズ性に優れている言語として有名です。

アメリカでは、学習言語としてPythonをはじめる方が多くなっています。一方、日本ではJavaやC言語が選ばれることもあり、学習言語としての知名度も高いでしょう。

Javaには、下記のように特徴が複数あります。
・オブジェクト指向型
・ライブラリやAPIが充実
・実行速度が速い
それぞれ詳しく解説していきます。

オブジェクト指向プログラミング

Javaはオブジェクト指向プログラミングです。

それぞれのパーツを作成し、それらを結合させて完成を目指すため、パーツの修正がしやすくなっています。これにより、カスタマイズがしやすいので、効率的にプログラムのアップデートを行うことができるでしょう。

ライブラリやAPIが充実

ライブラリやAPIが充実しています。既存のライブラリやAPIが豊富なので、作業の短縮化を期待することができるでしょう。

例えば、Kaptcha というライブラリを利用することで画像認証を短時間で実装することが可能です。また、JSch を使うことでSSHをプログラムから容易に行えます。
すでに使いたい機能が作られているケースが多く、それを利用すれば簡単に実装できるので非常に便利です。

実行速度が速い

実行速度が速い点もメリットになります。

ほかのプログラミング言語と比較しても実行速度が非常に優れており、スピーディーなシステムの開発が可能です。Javaはコンパイラ型言語であり、データ処理に優れているため、インタプリタ型言語よりも実行速度が速くなっています。

Javaを使う開発案件の例

フリーランス全力支援
Javaを使う開発案件は非常に多くなっています。その理由は、実行環境に左右されないからです。
例えば、MacやWindowsなどOSに関係なく動かすことができます。また、パソコンだけでなくスマートフォンでも動作するため、幅広いところで使われている言語です。

Javaを使う主な開発案件は下記となります。
・Webアプリケーション開発
・Androidアプリ開発
・ゲーム開発

Webアプリケーション開発

1つ目の案件はWebアプリケーション開発です。Javaは大量のデータを扱うWebアプリケーション開発に向いており、通販サイトの開発などで頻繁に使われます。
これは、Webアプリ開発のフレムワークとして有名なSpring Bootによる影響が大きく、正確かつ迅速に機能を実装できるので、JavaはWebアプリ開発で用いられる機会が多くなっています。

Androidアプリ開発

Androidアプリ開発をするために、Javaを覚えるフリーランスエンジニアも少なくありません。
AndroidのアプリはJavaで動かすことができ、開発すればGoogle Playで公開することもできます。Javaを覚えて趣味程度で開発する人も多く、自作アプリを作る方にも人気のようです。

ゲーム開発

ゲーム開発でJavaが使われるケースもあります。MinecraftはJavaで開発されたゲームとして有名です。
しかし、現在はUnityなどのゲームエンジンが数多くあるため、ゲーム開発をするためにあえてJavaを選ぶ人は少なくなっています。

Javaの需要と将来性が知りたい!

フリーランス全力支援
Javaの需要は、将来的に見ても高いと言えるでしょう。
その理由は、実行環境に左右されないという点です。さまざまなOSで動かせる言語になるため、開発言語として頻繁に選ばれます

また、すでにJavaで作られているシステムが多く、改良のための保守案件は持続的に発生すると考えられます。そのため、将来的にも安定して案件を受注することができるでしょう。

Java開発案件の単価や報酬が知りたい

Java開発案件を受注しているフリーランスエンジニアの平均年収は767万円です。最高年収は2160万円、最低年収は300万円程度となっています。Javaの経験に応じて年収が変化し、1年目の月収が30万円だったエンジニアも5年目になると最高月収が150万円を超えた人もいるようです。

スキルの積み方と他の言語へのスキルアップについて考える!

Javaを習得するためには、学習本などを手に取るといいでしょう。また、インプットするだけでなく、実際に使ってみることも重要です。例えば、自分のパソコンに開発環境を用意して、簡単なプログラムを組みながら学ぶと効率的に習得できます。

Javaが習得できたら、Pythonを学びスキルアップしてみてはいかがでしょうか。その理由は、機械学習分野に対するエンジニアの需要が高くなっているからです。
JavaとPythonには共通点が多いわけではありません。しかし、ほかのプログラミング言語を知っている人とそうでない人では、当然前者のほうがPythonを習得しやすいでしょう。

Java習得後にPythonを学ぶことで、対応できる案件の種類が増えます。同時に、年収も高くなっていくのではないでしょうか。

まとめ

フリーランス全力支援
Javaは幅広い案件で使われることが多く、フリーランスエンジニアとして世の中を渡り歩いていくのであれば、必ず習得しておきたい言語のひとつです。

しかし、Javaのオブジェクト指向という概念は初心者にとって理解しづらくなっています。習得するためには、かなりの努力が必要です。
もし、Javaを自分のものにしたなら、SEとして数多くの案件に対応することができるようになります。また、Javaエンジニアの年収は低くないので、習得することでエンジニアとしてのキャリアにも磨きがかかるのではないでしょうか。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのPL/SQL

    フリーランスエンジニアに必要なPL/SQLのスキル 案件や需要動向など…

  2. フリーランスのためのネットワーク解説

    フリーランスのネットワークエンジニアの働き方は?年収や必要なスキルも解…

  3. フリーランスのためのRUBY

    フリーランスのためのRubyとは!?基礎やエンジニアの需要を知る!

  4. フリーランスエンジニアのインフラ知識

    フリーランスのためのインフラエンジニア 必須スキルと年収も紹介!

  5. フリーランスのPHP

    フリーランスのためのPHPとは!?基礎知識やニーズを詳しくご紹介

  6. フリーランスエンジニアのCOBOL知識

    フリーランスのためのCOBOLとは!?概要や案件単価を詳しくご紹介