フリーランスのためのJavaScriptとは!?概要や特徴を詳しくご紹介

フリーランスのjavascript

フリーランスのためのJavaScriptを徹底解説

Webアプリ開発において欠かせないプログラミング言語がJavaScriptです。フロントエンドエンジニアとして活躍している方の多くが習得し、業務で活用しています。また、Web開発だけでなく、スマホアプリやサーバーサイドでも利用する機会が多く、さまざまな分野で使われている言語です。

そのため、フリーランスとしてJavaScriptをこなせるようになれば、エンジニアとして需要のある人材になることができるでしょう。今回はフリーランスエンジニアが知っておきたいJavaScriptの概要や案件の種類、将来性についてご紹介していきます。

フリーランスエンジニアが身につけたいJavaScriptとは?

フリーランス全力支援
以前は、JavaScriptと言えばフロントエンド開発のイメージが強かったものです。しかし、Node.jsというサーバーサイドの実行環境が登場したことで両サイドでの開発が可能となりました。両サイドで開発できる言語は貴重ですので、JavaScriptの大きな特徴のひとつとなるでしょう。

フレームワークの種類が豊富

フレームワークの種類が豊富な点も特徴のひとつです。例えば、下記のフレームワークはとても有名で、実際にさまざまな開発案件で利用されています。
・Webアプリケーションフレームワーク「AngularJS」
・HTMLコンポーネントフレームワーク「React」
・MVCフレームワーク「Backbone.js」

フレームワークの種類が豊富ということは、すなわち開発時間を短縮させられるわけです。これにより、システム開発をスムーズに進められます。

ブラウザがあれば実行が可能

最大の特徴は、ブラウザがあれば実行できることです。OSに関係なく、ブラウザを使えるすべての機器で実行が可能なので、マルチデバイスに対応させることも難しくありません。

JavaScriptを使う開発案件の代表例をご紹介!

フリーランス全力支援
JavaScriptを使う代表的なフリーエンジニア向け開発案件は下記の3つです。これを見ればさまざまな開発でニーズがあることを理解できるのではないでしょうか。
・フロントエンド開発案件
・サーバーサイド開発案件
・アプリ開発案件

フロントエンド開発案件

まずフロントエンド開発案件。ブラウザ上に表示されたWebページに動きを与えるためにプログラミングをします。また、ITエンジニアの募集案件の中にはリモートワークが可能なところもあったり、SaaS開発に携われたりするものもあるので、自分の要望に合った働き方ができるでしょう。

サーバーサイド開発案件

次にサーバーサイド開発案件。Node.jsに関する知識は必須になります。また、案件によってReactやVue.jsなどのフレームワークに関する知識も求められるでしょう。

アプリ開発案件

3つ目はアプリ開発案件です。アプリ開発では、Monacaという開発プラットフォームを利用します。iOSとAndroid両方の開発が可能で、ハイブリッドアプリ開発ができることで有名です。

JavaScriptの需要と単価 将来性と必要なスキルを知っておこう!

フリーランス全力支援
JavaScriptは、フリーランスのエンジニアへの需要も非常に多いことから、将来性も高くなっています。
その理由は、フロントエンド開発で使用される言語としてかなりの高いシェア率を誇るからです。Web開発において必須の言語であり、今後も使われ続けることが予想されるので将来性も高いでしょう。

バックエンドやアプリ開発でも使用されていますので、さまざまな分野からの需要があり、フリーエンジニアとして活躍するなら覚えておいて損はありません。

JavaScript案件の単価や報酬が知りたい!

現在の相場観では、JavaScript関連のフリーランスエンジニアの年収は550万円前後となっています。もちろんエンジニアの中には年収1,000万円以上の方もいるため、努力次第で高収入を達成することもできるでしょう。

スキルアップの方法

まずフロントエンド開発に必要な知識から身につけることをおすすめします。スキルの積み方は、自分のレベルに合った書籍で勉強してください。初心者なら基礎編から手に取るといいでしょう。また、実際にWebアプリケーションを作って知識をアウトプットするのもひとつの方法です。

フロントエンド開発に必要な知識をマスターしたら、フレームワークやサーバーサイドに関する知識をつけてフリーランスのエンジニアとして活躍していけるだけのスキルアップを目指します。これらの知識をすべて身につけることができたなら、かなりニーズの高い人材になっていることでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援
JavaScriptは非常に奥が深く、すべての知識を習得するまでにかなりの時間を要します。しかし、ある程度知識を身につけることができたら、案件に取り組みながら知識をインプットしていくこともできるので、まずは基礎から覚えるといいでしょう。

JavaScriptエンジニアとして経験を積めば、年収1,000万円を獲得することは夢ではありません。高収入のエンジニアになるためにもJavaScriptの習得をおすすめします。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのJava知識

    フリーランスのためのJavaとは!?言語の特徴や需要を解説!

  2. PMO案件の特徴

  3. VB.NET案件の特徴

  4. C#案件の特徴

  5. フリーランスのためのネットワーク解説

    フリーランスのネットワークエンジニアの働き方は?年収や必要なスキルも解…

  6. フリーランスのためのWordPress解説

    フリーランスのためのWordPress 特徴や将来性を徹底解説