フリーランスのためのPHPとは!?基礎知識やニーズを詳しくご紹介

フリーランスのPHP

フリーランスのためのPHPを徹底解説

現在、データ通信を行わないシステムは非常に少ないと言えます。サーバーからデータを取得したり、データを送信したりするアプリケーションは非常に多くなっています。つまり、サーバーはシステムを動かす上で欠かせない存在となっているのです。
サーバーとクライアントサイドを連携させるためには、プログラミングによりサーバーサイドを構築しなければなりません。この構築を行う際に頻繁に使われる言語がPHPです。

今回は、フリーランスエンジニアがぜひ知っておくべきPHPの基礎知識と将来性やニーズについて詳しく紹介します。

フリーランスエンジニアが身につけたいPHPとは?

フリーランス全力支援
PHPとは、バックエンド開発で頻繁に使用されるプログラミング言語のひとつです。JavaScriptはブラウザで実行されるのに対して、PHPはサーバーサイドで実行されます。
PHPは、C言語で開発されたCGIプログラムです。オープンソースライセンスで公開されたことをきっかけに、利用者が急増し現在ではSEなら知らない人はいないプログラミング言語にまで成長しました。

PHPの特徴は下記の通りです。
・コンパイルせずに処理を実行できる
・オブジェクト指向プログラミングに対応
・データベースへの接続が簡単

PHPの特徴を小見出しにわけて詳しく解説していきます。

コンパイルが不要

コンパイルが不要な点がPHPの特徴のひとつです。通常、プログラミング言語で記述されたコードは機械がわかるように機械語へ翻訳しなければなりません。

一方、PHPはインタプリタ方式を採用しているため、翻訳して機械語のファイルを生成しなくてもいいのです。これにより、CPUで処理を開始するまでに必要な工程を短縮させられるので、動作確認を簡単に行うことができます。

オブジェクト指向プログラミングに対応できる

オブジェクト指向プログラミングに対応できます。PHP5からそれぞれの機能を小分けして最後に合体させてプログラムを実行させることが可能となりました。これにより、オブジェクトごとの管理ができるようになったので、メンテナンス性の向上などを期待することができます。

データベースへの接続が容易

3つ目の特徴は、データベースの接続が容易な点です。デフォルトの機能として、データベースに接続する機能があります。数行のソースコードを記入するだけでデータを取得したり、登録したりできるので、サーバーサイドの言語として非常に優秀です。フリーランスのエンジニアとして案件が多くなるのもうなづけることでしょう。

PHPを使うフリーエンジニア向け案件の代表的な例のご紹介!

フリーランス全力支援
PHPを使ったフリーランスのITエンジニア向け開発案件はたくさんあります。代表的な例は次の通りです。
・Webシステム開発案件
・小規模サイトの開発案件
・ソーシャルゲーム開発案件

Webシステム開発案件

1つ目はWebシステム開発案件です。多くは業務系システム開発で、ECサイトのサーバーサイド開発やSaaS事業などを挙げることができます。フリーランスのエンジニアが活躍できる分野も教育や建築、自動車、金融など多義に渡るでしょう。

小規模サイトの開発案件

2つ目は小規模サイトの開発案件です。ホームページ制作やWebサイト構築などを行います。
小規模サイト開発案件では、WordPressを利用したシステム開発が多いです。また、リモートワークが可能な案件が少なくないため、フリーランスとしての働きやすさを重視したいという方におすすめできます。

ソーシャルゲーム開発案件

3つ目はソーシャルゲーム開発案件です。
ゲーム系の会社が発注するケースが多くなっています。日本で有名なソーシャルゲームに関してもPHPで制作されているものもあります。企業の中には1つのゲームに億単位の予算をかけるケースもあり、エンジニアを大量に募集することも珍しくありません。フリーランスのITエンジニアにとっては、いわゆる稼げる案件になりやすいでしょう。

PHPの需要と将来性を知ろう!

フリーランス全力支援
以下の理由からPHPの需要は非常に高いと言えます。
・日本のCMS市場におけるシェア率82.4%を誇るWordPressで採用されている
・Webサイトのサーバーサイドの約79%で使用されている

同時に、将来性も非常に高いといえるでしょう。WordPressの使用率が急激に低下することは考えづらく、これからも日本でもっとも使われるCMSとして活躍することが予想されます。また、すべてのサーバーサイドでPHPが使用されなくなる確率も低いので、一度習得すればフリーランスエンジニアとして案件を受注し続けることができるでしょう。

PHPの需要と将来性

PHP案件の単価相場は約65万円〜70万円です。単価や報酬は案件の種類や実務経験年数で大きく変化します。例えば、大手ASPサービスの改修案件の相場は月額700,000円前後です。一方、金融企業向けのWebサービス開発は月額650,000円以下となっています。

また、実務経験が1年程度のSEは単価相場が約48万円なのに対して、5年以上経験があるエンジニアは680,000円以上です。

スキルアップの方法とは!?

PHPのスキルの積み方は、まずはIf文やループなど基本的な使い方を参考書や無料学習サイトで学びます。その後、VPSを契約してPHPが使えるサーバーサイドの環境を整えたり、プログラミングしてみたりするといいでしょう。

キャリアアップ方法としては、資格を取ることをおすすめします。PHPには、PHP技術者認定試験があることをご存知でしょうか。資格を取得することで、第3者にも実力を知ってもらいやすいです。つまり、案件に募集しても採用される可能性が高くなるかもしれないので、フリーランスエンジニアにとってメリットがあるでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援
PHPは、日本で非常に使われているプログラミング言語です。大規模〜小規模サイトのサーバーサイドを支えており、習得しておけばフリーランスエンジニアとして多くの案件を受注できる可能性があるでしょう。

また、PHPはほかの言語よりも習得しやすいという特徴があります。そのため、フリーランスエンジニアになりたいけど、どのようなプログラミング言語を学べばいいのかわからないという方におすすめの言語です。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスのunity

    フリーランスのためのUnityとは!?将来性とスキルアップのコツ

  2. フリーランスのPython

    フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!…

  3. フリーランスのためのネットワーク解説

    フリーランスのネットワークエンジニアの働き方は?年収や必要なスキルも解…

  4. フリーランスエンジニアのインフラ知識

    フリーランスのためのインフラエンジニア 必須スキルと年収も紹介!

  5. COBOL開発案件の特徴

  6. PMO案件の特徴