フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!

フリーランスのPython

フリーランスのためのPythonを徹底解説

機械学習は、マーケティングや医療、自然言語など活躍できる分野が多義に渡る技術です。そのため、現在最も注目を集めている分野のひとつです。そして、その機械学習で使用されるプログラミング言語で上位に君臨するのが今回ご紹介するPythonです。Pythonは、アメリカで学習言語としても使われており、プログラミングを知るためにも役立つ言語となっています。

機械学習の研究は今後も続けられることが予想されるため、将来性も高いでしょう。そのため、フリーランスエンジニアの中には習得したいと思われる方もいるのではないでしょうか。今回は、フリーランスエンジニアが知っておきたいPythonの基礎や将来性についてご紹介しています。

フリーランスエンジニアが身につけたいPythonとは?

フリーランス全力支援
Pythonは、インタープリタ型高水準凡庸プログラミング言語で、文法がシンプルで少ないコードで処理を完結させられるというメリットがあります。また、オブジェクト指向のJavaやポインター概念を取り入れたC言語よりも学びやすいため、アメリカでは学習言語として使用されることが多いようです。

Pythonは以下の特徴を持ちます。
・文法が非常にシンプル
・ライブラリが豊富(特にここが重要です)

それぞれの特徴を詳しく解説します。

文法がシンプルで学習しやすい

Pythonの大きな特徴は、文法が非常にシンプルなことです。例えば、変数を使用する際、どのようなデータ型なのかを示す必要がありません。Javaの場合、変数を宣言するときにStringやint、floatなど変数にどのようなデータ型を代入するのか示さなければなりません。しかし、Pythonは変数名のみ宣言すれば、文字列や数値に関係なくデータを代入することができます。
そのほかにもif文やWhileループ、forループなども最小限の記述だけで処理を書くことが可能です。

コードがシンプルなので、次のようなメリットを獲得できるでしょう。
・初心者でも学習しやすい
・可読性が良い
・メンテナンスがしやすい
・少ない作業で処理を書くことができる

このようにに、Pythonにはとても魅力が多いため、初心者からベテランまでフリーランスのITエンジニアも含めて非常に人気のある言語です。

ライブラリが豊富にある

ライブラリが豊富なことでも定評のあるプログラミング環境です。Web開発やネットワーク、データベースだけでなく、自然言語処理や画像処理、音声処理に関するライブラリもあります。機械学習といえば、特に統計手法を活用したライブラリがあげられるでしょう。このようにライブラリの種類が非常に豊富なので、効率的に開発を進めることができるのです。

Pythonを使用する開発案件の代表例を知りたい!

フリーランス全力支援
Pythonを使って構築できるシステムは非常に多いため、さまざまな分野で開発言語として使用されています。その中でも代表的な案件が以下の3つです。
・Webアプリケーション開発案件
・デスクトップアプリケーション開発案件
・機械学習

Webアプリケーション開発案件

フリーランスのエンジニア向けの1つ目の代表的な案件は、Webアプリケーション開発です。特に、大規模なWebアプリケーション開発で使用されることが多くなっています。

ちなみに、Pythonで開発されたWebアプリケーションの代表例は、YouTubeやInstagramです。誰もが知るサービスで実際に普段から利用している方も多いでしょう。フリーランスのエンジニアを募集している案件でも、このような大規模のシステムを構築することになります。基本的には、それぞれのエンジニアが分担して作業するのが一般的です。

デスクトップアプリケーション開発案件

フリーランスのエンジニア向けの2つ目の代表例は、デスクトップアプリケーション開発案件です。企業の業務効率化ツールや自動処理システムの構築を行います。Pythonは、AI技術を取り入れて開発ができるので、今後も増える案件のひとつです。

機械学習案件

そして、フリーランスのITエンジニア向けの3つ目の案件例は、機械学習です。Pythonで開発されたシステムとしてはUberやGoogle画像検索が有名になります。機械学習や人工知能は現在もっとも注目されているIT技術のひとつであり、今後も数多くの案件が登場するでしょう。フリーランスとして活躍するエンジニアであれば、ぜひ身につけておきたい領域です。AIWILでも機械学習を活用した疾病発病予測など、様々なAI案件に参画し、多数の実績をあげています。興味のあるエンジニアなら、ぜひAIWILの募集案件もチェックしておいてください。

Pythonの需要と将来性がチェックしよう!

フリーランス全力支援
Pythonのエンジニアへの需要は非常に高くなっています。Pythonは非常に人気の高い言語であり、また実際に数多くのWebサイトやアプリで使われており、エンジニアも少ないことから需要が供給を大幅に超えてしまっている状態です。

フリーエンジニア向けの将来性としても非常に高いものがあると言えるでしょう。機械学習や人工知能を利用したシステムは今後も多くの分野で導入されることが予測されます。そのため、Pythonを習得すれば、フリーランスのSEとしても安定した報酬を得ることができるでしょう。

Pythonエンジニアへの報酬・単価

Pythonのフリーランス案件の平均単価は70万円前後でしょう。もっとも最高単価は160万円となっています。経験に応じて単価が上がる傾向にあり、経験を積むことで年収1,000万円の報酬を獲得することは容易です。

スキルアップの方法を知りたい!

Pythonのスキルの積み方は、基礎は参考書を読んだり、学習サイトを活用したりします。また、実践ではWebアプリケーションなどを自分で開発してみると良いでしょう。
ある程度知識を習得できたら、以下のような試験に挑戦してみましょう。

・Python3エンジニア認定基礎試験
・Python3エンジニア認定データ分析試験

まとめ

フリーランス全力支援
Pythonは機械学習や人工知能の技術を利用する上で欠かせない言語のひとつです。そのため、今後も需要は高く、そして長い将来使い続けられるプログラミング言語になるでしょう。

需要があり将来性も高いため、フリーランスエンジニアとして活躍したい方にとっては習得しておきたい言語のひとつです。また、スキルや経験が豊富になればなるほど、稼げるSEになるので、安定して高年収を得たい方におすすめできます。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. PMO案件の特徴

  2. Oracle案件の特徴

  3. フリーランスのandroid

    フリーランスのためのAndroidとは!?基礎や将来性を詳しくご紹介

  4. C/C++案件の特徴

  5. C#案件の特徴

  6. SQL Server開発案件の特徴