フリーランスのためのUnityとは!?将来性とスキルアップのコツ

フリーランスのunity

フリーランスのためのUnityを徹底解説

ゲームは世界中で多くの人に親しまれており、現在ではeスポーツが登場し、賞金をかけてプレイヤー同士が戦うまでになりました。昔は、2Dゲームが普通でしたが、今は目覚ましい技術革新により3Dゲームも登場しています。

このゲームを生み出すのもエンジニアのお仕事です。そして、今回ご紹介するUnityはゲーム開発に必要なゲームエンジンで、実際に多くの開発現場で使われています。

今回は、フリーランスエンジニアが知っておきたいUnityの基礎と将来性、スキルアップのコツを徹底解説していきます。

フリーランスエンジニアが身につけたいUnityとは?

フリーランス全力支援
Unityとは、Unity Technologiesが開発・提供するゲームエンジンです。ゲームエンジンは、ゲームに共通する部分の開発を代行してくれます。そのため、1から作る必要がなく、効率的に開発することが可能です。
Unityは、2005年にMac OSXでゲームを動かすための開発ツールとして作られました。そして、現在では3D・2Dゲームを開発することができるゲームエンジンとして生まれ変わり、100万人以上のユーザー数を誇ります。

フリーランスエンジニアが知っておくべきUnityの特徴は以下の通りです。
・Asset Storeの利用が可能
・マルチプラットフォームに対応

それではいよいよ、それぞれの特徴を詳しく解説していきます。

Asset Storeの利用が可能

Asset Storeの利用が可能なため、3Dゲーム開発が簡単になります。Asset Storeは、ゲーム開発に必要な素材を販売・無償提供しているストアーのことです。
例えば、キャラクターはゲームにおいて必要不可欠です。また、BGMや効果音などもつけなければ楽しく遊ぶことができません。しかし、これらの素材を企業もしくは個人が1から開発していると多くの時間を消費することになります。

そこで便利なのがAsset Storeになります。Asset Storeには、ものすごい数の素材が販売されており、そこからダウンロードして素材として使うことが可能です。制作の時間を短縮できるので、効率的に開発することができるでしょう。

マルチプラットフォームに対応

2つ目の特徴は、マルチプラットフォームに対応していることです。全部で以下の7つのプラットフォームに対応しています。
・iOS(iPhone)
・Android
・Mac OS
・Windows
・Linux
・WebGL
・Unity Web Player

それぞれのプラットフォームごとに開発する必要がなく、Unityで開発したものは、すべてのプラットフォームで公開することができます。

Unityを使うフリーランスエンジニア向け開発案件の代表例を知りたい!

フリーランス全力支援
Unityを使うフリーランス向け案件にはどのようなものがあるのか知っておきたいフリーランスエンジニアも少なくないでしょう。代表的な案件の例として以下のようなものがあります。
・ソーシャルゲーム開発案件
・スマホアプリ開発案件

ソーシャルゲーム開発案件

1つ目はソーシャルゲーム開発案件です。ゲーム系の企業がシステム開発をする際にフリーランスエンジニアと契約を結びます。ソーシャルゲーム開発には、1つの案件に1億円以上の予算をかけるケースもあるため、大型案件になりがちです。
また、UnityだけでなくOSに関する知識やVR・AR・MRなどの最新技術に関するスキルも求められます。

スマホアプリ開発案件

Unityは、iPhoneやAndroidでも動かせられるゲームエンジンです。そのため、フリーランスを募集してスマホアプリ開発に乗り出す企業も多くなっています。基本的には、スタートアップやベンチャー企業の中で開発を行います。iOSとAndroidの知識は必要不可欠で、XcodeやAndroid Studioなども使いこなす必要があるでしょう。
また、アプリを公開する際の証明書の発行方法に関する知識も必要です。

Unityの需要・将来性 単価・報酬が知りたい!

フリーランス全力支援
Unityが使えるSEの需要は非常に高いと言えるでしょう。つまり、フリーランスエンジニアにとっても、需要は非常に高いものになってくると考えられます。スマートフォン性能の向上により、3Dゲームなども端末ひとつで楽しめるようになっています。そのため、今後も3Dゲームは開発・運用し続けられるでしょう。

また、Unityはマルチのプラットフォームに対応しており非常に使いやすいくなっています。これからもゲーム開発ツールとしてプロジェクトの中で採用される可能性が高いため、将来性においても十分に期待することができるでしょう。

Unity案件の単価や報酬が知りたい!

Unity案件の単価は、1年未満のエンジニアで月額30〜40万円ですが、5年以上のエンジニアになると80〜100万円程度となっています。5年以上経験のあるフリーランスのエンジニアの中には、年収1,000万円以上の方もいるので、覚えておいて損はない技術のひとつと言えそうです。

Unityのスキルの積み方

Unityで開発をするためには、プログラミングスキルが必要不可欠でしょう。Unityでは、C#を使用してプログラミングをするため、まずはプログラムを組めるまで勉強する必要があります。たしかに、以前はJavaScriptとBooも使用可能でしたが、これらの言語は廃止が決定しています。そのため、C#を選んだほうが得です。

また、Unityでゲーム開発をするためには、インターフェースになれる必要があります。また、アニメーションやエフェクトなどの知識も必須です。

Unity習得後、フリーランスのITエンジニアとして、さらにスキルアップしたい方は、モデリングを学ぶことをおすすめします。Blenderなどを使用してモデリングができるようになれば、キャラクター開発や修正、アニメーション制作を行うことが可能です。これにより、エンジニアとして対応できる仕事の幅、受注出来る案件の機会が増えるでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援
現在、3Dゲームは当たり前の時代です。また、世界中でeスポーツが登場し、今後も数多くの3Dゲームが開発・運用されていきます。そのため、Unityの需要は高く、将来性においても十分に期待することができるゲームエンジンです。

しかし、ゲームエンジンと言っても習得するためにはかなりの勉強が必要になります。もちろん、プログラミング言語を知らない人は、C#から覚えなければなりません。しかし、1つ1つクリアしていくことで、エンジニアとして成熟していくことができるので、ぜひ学習してみることをおすすめします。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのJava知識

    フリーランスのためのJavaとは!?言語の特徴や需要を解説!

  2. フリーランスエンジニアのPL/SQL

    フリーランスエンジニアに必要なPL/SQLのスキル 案件や需要動向など…

  3. フリーランスのためのC++

    フリーランスのためのC++とは!?概要や特徴を具体的にご紹介

  4. フリーランスのjavascript

    フリーランスのためのJavaScriptとは!?概要や特徴を詳しくご紹…

  5. フリーランスのC#.NET

    フリーランスのためのC#.NETとは!?人気言語の特徴を知る!

  6. フリーランスのためのAWS案件の特徴

    フリーランスのためのAWSとは!?概要や特徴をわかりやすくご紹介