フリーランスのためのVBA 単価や将来性も解説!

フリーランスエンジニアのVBA知識

フリーランスはVBAスキルで働ける?

さまざまなプログラミング言語がある中で、フリーランスのエンジニアは、VBA技術を活用して安定的な案件受注や稼働ができるでしょうか?今回は、まず始めにVBAの概要を一通りおさらいした後に、フリーランスITエンジニアの案件を中心に解説していきます。

VBAの言語から見た特徴

フリーランス全力支援

そもそもVBAとは?

VBAとは、Visual Basic for Applicationsの略称です。Microsoft officeに含まれた拡張機能であり、VBAを用いればWordやExcel、Accessなどのソフトでプログラムを作成できます。

似た言語にVB(Visual Basic)がありますが、これはVBAとは異なり「Visual Studio」という開発環境をインストールしなくてはなりません。この点をふまえると、VBAはプログラムを動作させる環境を整えなくて済むのが便利なように思えます。

複雑な作業をプログラムによって自動化できるため、業務を効率化することも可能です。事務作業が多い職場でVBAを活用すると、数時間かかっていた業務が数分で完了できるケースもあります。

VBAなら在宅勤務やモバイルワークが容易!

VBAはExcelファイル内でプログラムを作成できるので、ファイルを編集できるデバイスがあればどこでも作業できます。したがって、在宅勤務との相性がよいだけでなく、カフェや図書館などの外出先でモバイルワークにも取り組めます。

ただ、納品したプログラムがうまく動作しないとき、自分で原因を調査して解決しなければなりません。人に聞かなければトラブルを処理できないというレベルでは、VBAのフリーエンジニアとして働くのは難しいといえます。

フリーランス向けのVBAの案件

フリーランス全力支援
フリーランス向けのVBAの案件に関する事例を紹介します。VBAの案件は主に単発で発注される仕事や、常駐で開発に携わる仕事に分かれます。

単発の案件

案件内容:Excelファイル内の特定文字列を含む行を削除するプログラムの作成

・VBAを用いてデータを編集する機能の作成に関する案件
・区切り文字による各データの連結機能を要求する案件
などがあります。単発の案件は勤務時間が自由なので、複数の案件を掛け持ちしながら副業として働くのには適しているでしょう。

常駐の案件

案件内容:VBAを用いた資産ツールの開発
・VBAを用いて保険料の試算ツールを開発
・小売業向けのシステム開発
などの案件があり、既存システムの調査分析や改修まで、幅広い業務が含まれています。

フリーランスのVBA案件の報酬と必要スキル

フリーランス全力支援

フリーランスのVBA案件報酬

【案件例:単発案件】
・案件内容:VBAを使って売上実績の報告フォームを作成
・単価:2.5万円ほど

単発の案件は一つの機能作成やシステム開発ごとに報酬が決められているのが一般的で安価です。
時給制ではないことから案件に要する時間で報酬が左右され、納得のいく収入を得るには納品までの時間を正確に見定めることが重要といえます。

【案件例:常駐案件】
・案件内容:社内の要望に沿って社内向けツールを作成
・報酬:月額500,000円ほど

常駐の案件は月額あたりの報酬が決められていることがほとんどです。この場合の年収は、6,000,000円前後でになりますが、スキルに応じて報酬の調整がなされるケースもありますので、案件を獲得する際は自分の強みを可能な限り伝えることが大切です。

VBA技術者を目指すためのスキルは?

フリーランスがVBAを用いて働くためには、プログラミングのスキルが必要です。

スキルを示すために資格を取得する手もありますが、VBAの案件では有資格者を優遇する傾向はほとんどありません。したがって、資格を得るよりも実務経験を積むことが重要です。一つでも多くの開発を経験しながら、業務効率化の経験などのアピールができるスキルをストックしていくことをおすすめします。

プログラミングスキルのほかにはコミュニケーション能力も必要です。効率的なプログラムを作成できたとしても、顧客が必要とする機能を実現できなければクレームにつながってしまうからです。

VBAに関するフリーランスの案件はExcelファイルを用いた小規模の仕事がたくさんあります。単発の案件からでもよいので、顧客とのやり取りを可能な限り経験していきましょう。

フリーランスのVBAエンジニアの将来性と需要

フリーランス全力支援
VBAは、Microsoftがoffice製品で使えるプログラミング言語として作り上げた言語です。したがって、あくまでoffice製品を快適に利用することが目的です。

最近はGoogleがスプレッドシートのサービスを提供しており、複数人が同時に表を作成できるようになりました。一方Excelは、複数人の同時編集に対応していません。クラウド化が進み、データの共有にブラウザを活用されるようになった現在では、Excelをベースとしたシステム開発だけでは不十分といわざるを得ません。
だからといって、フリーランスのVBAエンジニアの将来が悲観的なわけではありません。office製品は世界的に普及しているソフトであり、現在も数多くの企業で使われているからです。しかも、VBAであれば特別な環境も必要がありません。プログラマーやSEでなくても気軽にプログラミングに取り組めるという点で、今後もVBAがなくなっていくとは考えられません。

また、VBAのプログラミングで学んだ経験は、ほかのプログラミング言語を学ぶ上でも役立ちます。もし、VBAの将来に不安があるのであれば、ほかの言語も同時に活用する案件を獲得するとよいでしょう。そうすることで、より多くの案件が獲得できるVBAエンジニアに近づけるはずです。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのPL/SQL

    フリーランスエンジニアに必要なPL/SQLのスキル 案件や需要動向など…

  2. フリーランスのためのWordPress解説

    フリーランスのためのWordPress 特徴や将来性を徹底解説

  3. フリーランスエンジニアのVB.NET知識

    フリーランスのためのVB.NETとは!?基礎と将来性を詳しくご紹介

  4. フリーランスのためのC#

    フリーランスのためのC#とは!?概要やSEとしての需要を詳しくご紹介

  5. フリーランスエンジニアのJava知識

    フリーランスのためのJavaとは!?言語の特徴や需要を解説!

  6. フリーランスのPython

    フリーランスのためのPythonとは!?特徴や将来性について徹底解説!…