フリーランスとして独立する前に解決しておきたい不安や悩み

フリーランス・ITエンジニアのアイウィル

独立を考える時にぜひ解決しておきたい不安や悩み

売り手市場と言われるITエンジニア。「よし!独立して自分のスキルで生きていこう」そんな風に考えているIT企業のエンジニアは多いのではないでしょうか。しかしフリーランスとして独立する前には様々な不安や悩みがともなうものです。そこで今回はITエンジニアがフリーランスとして独立する前に、解決しておきたい不安や悩みを3つ取り上げてみます。独立してからでは手遅れになることもありますので、しっかりと対策を行い、万全の体制でフリーランスの世界に飛び出していきましょう!

フリーランスとして独立する前に抱く不安

フリーランス全力支援

フリーランス独立前の不安-スキル

フリーランスとして独立を検討するとき、最初に不安に感じるのが「スキル」ではないでしょうか。フリーランスとして安定した生活を続けていくためには、スキルが重要となります。独立する前に、フリーランスのITエンジニアに必要とされるスキルを抑えておきましょう。

まず必要となるのは、エンジニアとしての能力です。しかしこの点に関しては、IT系の企業での勤務経験があれば、ほとんどの場合問題ないでしょう。能力と同等またはそれ以上に大切になるのが、以下の2つのスキルです。

● コミュニケーション能力
● スケジュール管理能力

これらのスキルがなければ、どんなにエンジニアとしての能力が高くても、フリーランスとして継続的に生計を立てるのは難しくなる可能性が高いと言えます。

コミュニケーション能力については、フリーランスのみならず、どのような立場であっても非常に重要なスキルとなります。説明能力はもちろん、クライアントのニーズを読み取る理解能力もコミュニケーション能力の1つと言えるでしょう。またスケジュール管理能力も欠かせません。企業勤めとは違い、自分で自分をコントロールできなければ、一気に収入がなくなるのがフリーランスというものです。

フリーランス独立前の不安-孤独

フリーランスは孤独との闘い。ITエンジニアとして独立を考える人の中には、そんなイメージを持たれる方も多いのかもしれません。もちろんフリーランスには、孤独な時も多いですし、すべての責任を自分で負う必要もあります。実際にこのイメージは、完全ではないにしても半分くらいは正解です。

ではどうして、「フリーランス=孤独」というイメージは、完全な正解とは言えないのでしょうか。その理由としては、フリーランスの多くが何らかのコミュニティに所属していることが挙げられます。コミュニティの形は様々ですが、多くのフリーランスが孤独という悩みを解消するために、自分に適したコミュニティを見つけているのです。たとえば、オンラインで繋がるITエンジニアサロンがあったとします。このサロンに所属している人としては、自分と似たような境遇のITエンジニア、同じような悩みを持つ人、フリーランスのITエンジニアとしてすでに活躍されている方などが考えられます。このようなサロンに巡り合えれば、孤独という悩みは少し和らぐでしょう。

たとえばアイウィルでも、フリーランスの皆さんの不安や悩み、スキルアップの支援など、様々なご相談や可能性についてアットホームな環境で応えています。フリーランスエンジニアとともに成長してきた20年の実績を持つアイウィルにもご遠慮なく、いつでもご相談ください。

フリーランスとして独立する前に抱く悩み

フリーランス全力支援

フフリーランス独立前の悩み-タイミング

どのタイミングで独立するか。これはフリーランスとして独立を検討するときに、すべての人の頭によぎる悩みではないでしょうか。このタイミングを間違えると、エンジニアであれライターであれ生活が困窮しかねません。では独立をするのに、ベストなタイミングはいつでしょうか。答えから申し上げると、それは「人それぞれ」です。しかしだからといって、ITエンジニアとして独立する前のこの悩みを、蔑ろにするのは得策ではないでしょう。この悩みを蔑ろにするのを避ける意味でも、フリーランスとして独立するタイミングの基準となるポイントを紹介します。それがこちらの2つです。

● クライアントワークへの適性
● 貯金

少なくともこの2つを確かめておけば、ITエンジニアとしての実務経験のある方なら、フリーランスとして独立できる可能性は高いでしょう。

まずクライアントワークの適性について。クライアントワーク(クライアントから依頼されて行う仕事)では、クライアントとのやり取りが重要になります。クライアントとのコミュニケーションが苦痛に感じるようであれば、フリーランスとして独立するのはやめておいた方が良いでしょう。もう1つのタイミングを測るポイントは、貯金の額です。どんなに能力のあるITエンジニアでも、フリーランスとして独立したばかりの頃は慣れない仕事環境や作業が多く、思ったように稼げない可能性もあります。そのため、最低3か月分くらいは生活できるだけの貯金を準備してから独立の決断をしましょう。

まとめ

フリーランス全力支援
フリーランスITエンジニアになる前に知っておきたい不安や悩み。今回はこれらの解決方法に焦点を当てて考えてみました。
冒頭でも触れたように、現在ITエンジニアの需要は非常に高く、売り手市場と言われています。特に実務経験のあるエンジニアはスキルも高く、歓迎されるでしょう。独立を検討している方は、今回紹介したことを参考に、ぜひフリーランスの世界へと飛び出していきましょう!


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーエンジニアのメリットデメリット

    フリーエンジニアのメリットとデメリットを徹底解説!(第1回)

  2. フリーランスエンジニアお役立ち情報

    フリーランスとして活躍中のエンジニアが解決するべき悩み

  3. フリーエンジニアのメリットデメリット

    フリーエンジニアのメリットとデメリットを徹底解説!(第2回)