フリーランスが取っておくべき厳選資格をご紹介!

フリーランスのおすすめ資格

フリーランスが取っておくべき資格を徹底調査!

日々フリーランスとして活動していると、「もっと受注単価を上げたい!」「もっと専門的なスキルを身につけたい!」と感じる事もあるでしょう。そこで今回は、フリーランスとしてさらに活躍の場を広げるためにも有効な「おすすめ資格」をご紹介いたします。

 フリーランスに資格は必要なのか?

もしあなたが、この先もフリーランスとして多くのキャリアを積みたいと考えているのであれば、資格を取ることは非常に有用となるでしょう。たとえば、フリーランス先進国のアメリカでは、能力主義の実力社会ならではですが、社会人になって働き始めた後も学校に通ったり、通信教育を受けたり、様々なスキルアップを試みる人が殆どです。

日本国内でもフリーランスの増加は見込まれています。そうした時に、あなたが今以上のキャリアを残していこうと考えるのであれば、スキルアップのための資格の取得は必須事項になるでしょう。では、早速フリーランスにおすすめの資格をいくつかご紹介していきます。

PMO案件獲得におすすめの資格をご紹介

フリーランス全力支援
PMPという言葉をご存知でしょうか?「プロジェクト・マネジメント・プロフェッショナル」の略で、プロジェクトを束ねるリーダーの能力を意味しています。PMPは企業内マネージャだけにとどまらず、フリーランスとして、PMO案件などで活躍する方も多く取得しています。プロジェクト・マネージャとして評価されるために有用な資格にはどのようなものがあるでしょうか?

① PMIが管理しているPMP資格認定試験

一つ目の資格は、「PMI」という団体が主催しているPMPの資格認定試験です。PMIの資格認定試験をクリアすることで、PMO案件などの多くの仕事を受注し易くなります。試験は英語での出題ですが、試験会場予約時に予め申告しておくことで、日本語での受験も可能です。

ただし、資格取得後も、3年ごとの資格更新手続きを行わなければなりません。これは試験ではなく、PM資格に関連する活動(セミナー受講や講師実績、PMとしてのタスクなど)について、いずれもそれらの活動証明を保持しておいた上で、PDUという時間単位で自己申請を行うことで維持されます。

②日本の情報処理試験のプロジェクトマネージャ試験

二つ目の資格は、「日本の情報処理試験のプロジェクトマネージャ試験」です。こちらは、有名なIPA(独立行政法人 情報処理推進機構)という組織が主催する「情報処理試験」になります。ここでPM試験をクリアするのも、フリーランスにはおすすめです。

システム監査案件やベンダ管理案件に有用な資格

フリーランス全力支援
続いては、情報処理システムを監査する役割が期待される有用な試験をご紹介していきます。この仕事は、企業などで扱われている情報システムが社内のルール通りに行われているか、セキュリティ面で脆弱性がないかなどを監査する仕事です。

もちろんベンダ管理やプロジェクト・マネジメントなどの案件でも、保有しておくと非常に評価が期待出来る重要資格のひとつと言っていいでしょう。

① CISA公認情報システム監査人

情報システム監査人になるためにおすすめの資格の一つ目は、「CISA」という国際資格です。CISAに認定されるには、情報システム管理、コントロール、セキュリティ管理などの分野での実務実績が必要になります。
また、CISA認定後も、毎年CPEと呼ばれる資格維持のための学習や活動実績の報告が求められ、監査対象になった場合はCPEのエビデンスを英語で作成し提出する義務があるなど、その資格維持のためのルールも厳格なことから、信用を高めています。

② 情報処理試験のシステム監査技術者

情報システム監査人になるために有効な資格、二つ目は前述のIPAが行う情報処理試験のひとつである「システム監査技術者」に認定されることです。ここでもシステム監査人としての実務経験が求められます。

データベースを扱うフリーランスにおすすめの資格

フリーランス全力支援
フリーランスの方の中には、ビッグデータなどの「データベースを扱う分野」に興味がある方もいらっしゃるでしょう。そういった方々に有用な資格をご紹介します。

① Oracleマスター

一つ目の資格は、「Oracleマスター」と呼ばれる資格です。「Oracleマスター」とは日本オラクル社が公式に運営する「Oracle Database」シリーズを扱う技術力を認定する資格になります。Oracle社のデータベースソフトはリレーショナルデータベース管理ソフトウェア市場において、約半数のトップシェア率を有しています。

Oracleマスターの資格を得ることで、データベースを扱う仕事の受注を得やすくなります。そのレベルはブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナと次第に高くなっていきますが、少なくともゴールド以上を保有して案件獲得に向かいましょう。

② データベーススペシャリスト

二つ目のおすすめの資格は、前述のIPAによる「データベーススペシャリスト」という資格になります。かなり高度なIT技術とデータベース分野に関わってきた実績が無ければ、難しい資格になりますが、この資格があれば、データベースを扱う案件を獲得しやすくなるのは間違いないでしょう。

まとめ

フリーランス全力支援

またIT技術そのものではありませんが、「会計システム関連」の案件で、フリーランスとしての活動を広げたいのであれば、「日商簿記検定2級以上」の資格を取ることも有用でしょう。今後、リモートワークなどの作業形態は間違いなく増えてきます。そうした時に、既存の経理作業もよりシステム化していくことが予測されますので、会計システムの基礎を学びなおすという意味でも、日商簿記は最適です。
2級以上であれば、商業簿記、工業簿記の両方が範囲となり、また財務諸表の理解の幅も広がりますので、2級以上の認定を保有されて活躍されているエンジニアはまだ少ないため、差別化のポイントとして有利に働くかもしれません。

今回はフリーランスで活動する人におすすめの資格をご紹介してきました。もちろん、必ず必要な資格では無いですが、あなたが今後もっとフリーランスとしてキャリアを積みたいのであれば、保有していれば、間違いなく有用になる資格ばかりです。今後も増えてくると予測されているフリーランス業界で、あなたがより輝いて稼ぎ続けるために、資格の保有は必須事項になって来るのかもしれません。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. 活躍中のフリーランスの悩みを解決

    フリーランスエンジニアに最低限必要なスキルを徹底解説!

  2. フリーランスエンジニアのスキルアップ方法

    ITフリーランスエンジニアのスキルアッププラン キャリアを積む方法