フリーランス 健康管理  第1回 簡単に出来ることから上手に始めよう-エンジニアのためのお役立ち記事

フリーランスエンジニアのメンタルヘルス

フリーランス 健康管理 メンタル面での健康管理を徹底解説!

フリーランスとして働くと、サラリーマンとは全く違ったプレッシャーに出会うこともあります。
そこで今回は、フリーランスのエンジニアが気を付けておくべき、メンタル面での健康管理について簡単に取り組めることから解説していきたいと思います。メンタル面での健康管理が上手に出来るよう日頃から心がけていれば、安定した収入維持にも良い影響がありますので、ぜひ実践してみましょう。

メンタルヘルスとは心の健康です。日本の様に成熟した社会経済の中で生きていると、知らず知らずのうちにメンタルヘルスが上手く管理できなくなってなっていることに気づかされることがあります。この記事を参考にイキイキとしたフリーランスライフを過ごしていきましょう!

フリーランス 健康管理 メンタルヘルス管理が必要な理由

フリーランスはメンタルヘルス管理が重要だと言われていますが、それはどうしてでしょうか?
いくつかの理由を挙げてみましたので、一緒に見ていきましょう。
フリーランス全力支援

フリーランスは孤独や不安を感じやすい?

フリーランスの仕事は孤独になることがあります。全ての作業を自己責任で行う必要が多く、案件の開拓から、受注、開発、そして納品や売上管理まで自分一人で行うことが多いでしょう。
年末になったら確定申告もしなければいけませんね。一人で行う作業が多いと、フリーランスはいつも不安を感じてしまいがちかもしれません。
そんな時のために、気軽に相談できる仲間をたくさん作っておくと、不安感を軽減できるでしょう。もちろん、AIWILでもフリーランスエンジニアを支えるためのアットホームな支援をたくさん実施していますので、お気軽にお問合せいただくのも良いかもしれません。

フリーランスは労働時間の制限がないから?

フリーランスに就業時間はありません。サラリーマンであれば、1日8時間労働と決められていますが、フリーランスは、やりたい分だけやれるのが仕事の特徴です。実はそのことで、かえってここでもメンタル面で負担がかかっている可能性があります。
仕事に向き合う中で、自分では全く気が付かないうちに、ストレスを抱え込んでしまいがちになるリスクもあるのが、フリーランスのエンジニアのあるあるですね。

フリーランスは生活時間が自由だから?

フリーランスは何時に寝て何時に起きるのか?ということを決めなくても生活していけることがあります。常駐案件を請け負うエンジニアではサラリーマンと同じように時間管理は必須ですが、そうでない場合は時間が自由な分だけ、不規則な生活になり、いつの間にかメンタル面で負担がかかっていたなんてこともあるようです。
ですから、こんなことを回避するためにも夜は早めにベッドに入り、朝はきちんと日の出とともに起きる生活スタイルを維持してさわやかな毎日を迎えることがとても有用でしょう。

フリーランスは収入が安定しないから?

フリーランスの仕事は、収入が安定しないことも多いかもしれませんね。人によっては、または案件の受注の仕方によっては売上が100万円の月もあれば、翌月は10万円なんてこともあるかもしれません。
そういった、ジェットコースターのような不安定さを「楽しむ」くらいの気持ちの余裕があれば、精神的に参ってしまうようなことも避けられるかもしれません。
一番いいのはお金のことを相談できるメンターを作っておいたり、またこれはぜひおすすめしますが、ある程度の貯金を持っておくことで、精神的な余裕が一層確保されるかもしれません。

フリーランス 健康管理 エンジニアのメンタル面の健康管理方法

フリーランス全力支援
それでは、フリーランスのエンジニアがメンタル面で健康管理をするには、どうすればいいでしょうか?簡単にまとめてみたのでご覧ください。

定期健康診断を受ける

フリーランスは国民健康保険に加入しているため、国民健康保険組合が行っている定期健診を受診することが出来ます。
「生活習慣病健診」や「人間ドッグ」などです。こういった検診を受けることで、肉体的な異常も早期に発見できますし、医師や看護師と会話をすることで実はメンタル面からの不調を感じ取ってもらう事も出来ます。
そのような場合の取り組みのアドバイスや漢方薬によるゆるやかな改善なども期待できることがありますので、ぜひ定期健診を受けるように心がけましょう。

睡眠時間の確保を必ず行う

フリーランスのエンジニアにとって、その生活スタイルで重要な事は睡眠時間をきちんと確保する事でしたね。
通常人間には6時間から7時間程度の睡眠が必要だと言われています。サラリーマンであれば、8時間労働を行い、自宅に帰り普段通りの生活をこなせば、必然的に6時間から7時間程度の睡眠がとれます。
一方で時間の制約がないフリーランスのエンジニアは、自分で意識をしておかなければ、睡眠時間の確保がおざなりになってしまう可能性もありますね。ぜひとも規則正しい生活などの自己管理を行いましょう。

定期的なストレスチェックを欠かさない

フリーランスのメンタル面での健康管理に効果的なのは、定期的なストレスチェックを行う事です。例えば、厚生労働省のホームページでは、いつでもセルフストレスチェックを行えるようになっています。1カ月に1度でもいいので、このようなセルフストレスチェックを行うようにしましょう。
人間は、自分にかかっているストレスをたまに感じることが出来ていないことがあります。ですから、第3者の視点などで俯瞰してみてもらえれば、知らない間に蓄積されたストレスに早く気が付くことが出来るでしょう。

フリーランス 健康管理 -まとめ

フリーランス全力支援
というわけで、今回はフリーランスのメンタル面での健康管理の工夫について詳しく解説してきました。フリーランスになると、体も心も健康でなければ良い仕事をこなしていくことが難しくなるかもしれません。
日ごろから、メンタル面での健康管理を意識して行っていきましょう。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアの健康管理

    フリーランス 健康管理 第2回 エンジニアが簡単に出来ることから上手に…