フリーランスエンジニアのお役立ちツール第2回 フリーランス タスク管理 おすすめツールをご紹介

フリーランスエンジニアのタスク管理

フリーランス タスク管理 エンジニアへのおすすめツール3選

タスク管理 フリーランス にとってそれは非常に重要です。タスク管理を上手に行うことで、仕事の細分化による優先順位付けが可能となり、効率的に作業を進められます。
フリーランスエンジニアは、システムを組むことだけが仕事ではありませんね。例えば、年に1回確定申告をする必要があります。システム開発案件を獲得するためには、営業活動もしなければなりません。
このようにやるべきことがとても多いと思います。効率的に時間を使わなければフリーランスエンジニアとして安定して活躍することが難しくなることもあります。
反対に効率的に時間を使うことが可能なら、余裕のある働き方を実現できたり、効率的に仕事ができることで収入の安定や豊かな暮らしを得られる可能性が高まります。やはり、タスク管理ツールの利用はフリーランスエンジニアにとっては必須といえるかもしれません。

そこで今回は、フリーランスエンジニアにぜひおすすめしたい「タスク管理ツール」をいくつかご紹介しますので、最後までご覧ください。

タスク管理 フリーランス エンジニアが知っておきたいタスク管理ツールの選び方

まず、タスク管理ツールの選び方をご紹介しましょう。選ぶ際のポイントは概ね次の2つになるでしょう。
・コストの観点
・機能と操作性
まずは、この2つのポイントについて詳しく解説していきます。

フリーランス全力支援

コストの観点

まず1つ目のポイントは「コスト」です。タスク管理ツールには有料と無料の2種類があり、その中から選択することになります。ほとんどのフリーランスエンジニアは無料のツールを選びがちですが、無料版やフリープランは機能性制限が設けられているケースが多いことも事実です。ですから、“無料でどこまで使えるか”については確認しておくと良いでしょう。

機能と操作性

2つ目のポイントは機能と操作性です。まず、自分が利用したい機能を確認します。欲しい機能がわからないという方は、手はじめにタスク管理を導入する理由や目的を考えてみるといいでしょう。そうすることで、自然と欲しい機能が見えてきます。そして、ツールを選ぶときはその機能があるかどうかをチェックしてください。

操作性に関しては、やはり一度使ってみるのがおすすめです。有料版でも無料トライアルなどを提供しているところが多いので、そのようなサービスを利用して操作性を吟味してみてください。

メリット1 何をやるべきか明確にできる

タスク管理の効果として、具体的に下記のようなメリットを挙げることができるでしょう。
・やるべきことの明確化
・スケジュールを計画的に立てられる

タスク管理のメリットとして最初に重要なのは「やるべきことが明確になる」という点です。
優先順位を決めてやるべきことを進めていくことができます。特に複数の案件を受注しているエンジニアは、仕事管理がしやすいのでメリットを感じることができるでしょう。
また、納期忘れなども予防することもできます。これにより、顧客満足度の向上を期待することもできるでしょう。

メリット2 スケジュールを計画的に立てられる

「スケジュールを計画的に立てることができる」点が次のメリットです。タスク管理を使うことで、やるべきことをリストアップすることができます。
これにより、タスク完了までに必要な時間やスキルなどが明確になるので、たとえば案件が完了するまでのスケジュールが立てやすくなるなどの効果が期待できるでしょう。

フリーランス タスク管理 エンジニアにおすすめしたいタスク管理ツール3選

このように、たくさんの案件を受注するフリーランスエンジニアにとって「タスク管理」の導入はメリットが大きいでしょう。では、早速フリーランスエンジニアにおすすめしたいタスク管理ツールを3つご紹介します。それぞれの特徴についても触れますので、選ぶ際の参考にしてください。
フリーランス全力支援

Jooto

「Jooto(ジョートー)」はクラウド型のタスク管理ツールです。無料プランとスタンダードプラン、エンタープライズプランの3種類のプランが提供されています。無料プランでも基本機能はすべて利用可能です。Jootoの特徴は下記の通りです。
・タスク内でコミュニケーションが取れる
・外部連携機能が充実

タスク内でプロジェクトメンバーとチャットすることができます。また、GoogleカレンダーやSlack、Chatworkなどの外部アプリと連携もしやすいのでおすすめです。

公式サイトはこちらにあります: https://www.jooto.com

Todoist

「Todoist」は、FacebookやAmazon、Disneyなど米国の有名企業が利用しています。特徴は下記の通りです。
・目で見てわかる進捗
・複数のデバイスで利用可能

1週間の目標を設定すれば、グラフで進捗率を教えてくれます。また、Todoistは複数のデバイスで利用できるので、外出先などでもアクセスしやすいでしょう。

公式サイトはこちらにあります: https://todoist.com/ja

Brabio!

「Brabio!」は、クラウドのタスク管理ツールシェアNo.1としても有名です。
メンバー5名まで無料で利用することができるので、1人で活動するフリーランスエンジニアにとっては使いやすいツールと言えます。特徴としては、下記のような点を挙げることができます。
・ガンチャートの利用が可能
・メンバー管理がとても簡単

ガンチャートを使って案件の進捗具合を把握できるのでとても便利です。また、「管理者」「スタッフ」「パートナー」「ゲスト」の4つの権限だけを採用しているため、メンバー管理がとてもシンプルになっています。

公式サイトはこちらにあります: https://brabio.jp

フリーランス タスク管理 -まとめ

フリーランス全力支援
今回は、フリーランスエンジニアにおすすめしたいタスク管理ツールをご紹介しました。フリーランスはスケジュールを自分で管理しなければならないことも多く、その際に効率的に仕事をしていくためには必須のツールです。

また、フリーランスエンジニアが数多くの案件を受注するためには、それだけのスキルを身につけることも重要になります。アイウィルで行っているスキル支援を利用して、SEとしての能力を向上させらながらタスク管理技術を駆使して、いきいきとしたフリーランスエンジニアライフを送ってください。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのための会計ソフト

    フリーランスエンジニアのお役立ちツール第1回 フリーランス 会計ソフト…