フリーランスエンジニアのお役立ちツール第1回 フリーランス 会計ソフト おすすめツールをご紹介

フリーランスエンジニアのための会計ソフト

フリーランス 会計ソフト エンジニアへのおすすめ3選

フリーランスエンジニアになると確定申告を自分でしなければなりませんが、もともと会計に詳しい場合をのぞいて、自力で会計処理を正確に行うのは簡単ではありませんね。また、確定申告には白色申告と青色申告があり、青色申告は多額の控除を受けられるのが魅力ですが、会計処理が複雑で難しいという問題もあります。
そこで役立つのが、会計処理をサポートしてくれる会計ソフト フリーランス エンジニア向け会計ソフトには様々な種類があり、どれを選べばよいかわからないこともあるでしょう。今回は 会計ソフト フリーランスエンジニア におすすめの会計ソフトを3つほどご紹介しています。

株式会社AIWILはフリーランスエンジニアを強力に支援する財務や会計知識に通じた中小企業診断士も在籍しています。アイウィルで活躍しているフリーランスエンジニアには常に無料で様々な支援を行っていますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

会計ソフトはクラウド型がおすすめ

会計ソフトにはインストール型とクラウド型がありますが、フリーランスが会計ソフトを使うにはクラウド型がおすすめです。

フリーランス全力支援

インストール型は、ソフトを購入してパソコンにインストールして使うタイプの会計ソフトです。ネット環境がなくても使えるのがメリットですが、税制度の変更に対応するために毎年有料でバージョンアップしなければならないことや、クラウド型と比べてインターフェースが複雑でわかりにくいことなどのデメリットがあります。
会社が設定やバージョンアップを実施してくれるサラリーマンなどをのぞいて、インストール型の会計ソフトを使うメリットは少ないかもしれません。

クラウド型とは、ネットに接続してサービスを利用するタイプの会計ソフトです。料金は月額制または年額制になっています。クラウド型の会計ソフトを使うにはネット環境が必要ですが、ソフトをインストールする必要がない、無料でバージョンアップできる、インターフェースが改良されていて使いやすいなどのメリットがあります。
ネットに接続できる環境であれば、初心者でも使いやすくバージョンアップも不要な、クラウド型の会計ソフトを使用するのもおすすめです。

それでは、フリーランスエンジニアにおすすめのクラウド型の会計ソフトを具体的にみていきましょう。

やよいの白色申告(青色申告)オンライン 会計ソフト フリーランス におすすめです

やよい(弥生)は古くからある会計ソフトのブランドで、クラウドサービスが普及する以前からインストール型の会計ソフトを数多く提供しています。クラウドサービスの普及に伴って、ネットの接続環境だけで手軽に使用できるクラウド型の会計ソフトにも力を入れるようになりました。

フリーランス全力支援

やよいのクラウド型会計ソフトは、「やよいの白色申告」と「やよいの青色申告」の2種類があり、申告方法にあわせてソフトを選べるのが特徴です。基本的な操作方法は同じですが、白色申告は申告自体が簡単なぶんだけ、ソフトのインターフェースもよりわかりやすくなっています。また、やよいの白色申告は無料で使えるのもメリットです。(記事執筆時点の調べ)

フリーランスエンジニアになって会計ソフト自体を使うのが初めての場合には、まず白色申告を無料で使ってみて、ソフトの使用に慣れてきたら青色申告に切り替えるという順序で慣れていくのもおすすめかもしれません。もちろん最初から青色申告の方は青色申告用を使いましょう。

フリー(freee)

フリーはweb広告やテレビCMなどを積極的に打ち出すことで、フリーランスだけでなく様々な購買層から支持を獲得しているクラウド型会計ソフトです。

フリーランス全力支援

フリーはその名称のごとく、30日間の無料トライアルサービスがあります。無料期間でも基本的に全ての機能を使用できるので、まずは使ってみてから有料で導入するかを検討できます。多くの方が手軽に会計ソフトを使えるように、スマホで多くの機能を使用できるのがフリーの特徴です。

確定申告用の書類の作成や、本格的な仕訳入力がアプリだけでできるので、出先のスキマ時間を会計業務に活用できます。機能面では、各種金融サービスとの連携とレポートの自動作成が特色です。
銀行口座やクレジットカードなどの金融サービスと連携することで、各サービスの収支の履歴が自動でフリーに入力されます。入力情報の精度は高いですが、必要に応じて手動で手直しすることも可能です。
また、収入や支出などフリーランスに役立つ各種レポートを自動で作成してくれるので、どの費用に多く支出してしまっているかなどを簡単に把握できるようになります。

なお、これは補足ですが、ライターなど原稿料にかかる源泉徴収をクライアントからされている場合にはクライアントの経理担当による法定報告が義務となります。しかしご自身のマイナンバーをセキュリティの確かでない方法ではクライアントに提示したくないといった場合も考えられますが、そのような両者のニーズにこたえるためのマイナンバー申請機能も兼ね備えているという付加機能の提供も行っています。

マネーフォワードクラウド(MoneyForward)

マネーフォワードクラウドは、クラウド型の家計簿サービスの大手が会計業務に参入して展開しているサービスです。

フリーランス全力支援

マネーフォワードは、家計簿サービスで培った直感的で使いやすいインターフェースによって、複雑になりがちな会計の世界を初心者でも取り組みやすくしています。マネーフォワードの特徴は、業務の自動化に力を入れていることです。経費や請求書など、従来は手作業が多かった業務を自動化することで、会計に割く時間を大幅に削減することが期待できます。

また、様々な業務に役立つ次世代のテクノロジーとして人工知能が注目されていますが、マネーフォワードは人工知能を搭載していることを標榜しています。マネーフォワードを使えば使うほど人工知能が賢くなって、「会計」や「経費」などの抽象的なデータから「接待交通費」や「寮費交通費」などの具体的な項目を抽出してくれるようになるそうです。

フリーランス 会計ソフト -まとめ

フリーランス全力支援
会計ソフトはインストール型とクラウド型がありますが、 会計ソフト フリーランス におすすめなのは操作しやすく更新も自動でできるクラウド型です。クラウド型の中でも特におすすめなのが、初心者が無料で会計ソフトを使えるやよい、スマホで申告書類が作成できるフリー、人工知能が自動で学習するマネーフォワードの3つです。

無料トライアルなどを利用してそれぞれ試してみて、自分に最も適したものを見つけてみましょう。


フリーランスエンジニアの魅力-案件豊富なアイウィルへ

関連記事

  1. フリーランスエンジニアのタスク管理

    フリーランスエンジニアのお役立ちツール第2回 フリーランス タスク管理…